Hello! ワールドQUILTERSインタビューVol.003


PWLが見つけた素敵な海外キルターさんをご紹介。PWL杉江が直接コンタクトをとり、パッチワークのこと、プライベートなこと。Q&A形式であれこれ質問してみました!第3回目の海外キルターさんは、この方。 ノースカロライナの大学で繊維科学の博士課程に挑戦中のKelsey Boes (@lovelyandenough)さんです。

お名前を、教えてください。 Will you tell us your name(brand name)? 私の名前はケルシー・ボウズ。ブランド名は『lovely and enough』(@lovelyandenough)。

My name is Kelsey Boes. Brand name is “lovely and enough”(@lovelyandenough)​

あなたのことについて少し教えてください。 Tell us about yourself.

私は、おたく兼アーティスト。大学で科学とテキスタイルデザインを学んだ後、その両方に対する情熱をつなぎあわせて、現在はノースカロライナ州立大学で繊維科学の博士課程に在籍中。 日中は研究室で働き、夜になるとキルトや布をデザインしてるわ! I am a nerd and an artist. After studying both chemistry and textile design at university, I merged my passions and began a PhD program at North Carolina State University in Textile Chemistry. Now I work in the laboratory during the day and design quilts and fabrics at night!

​​ パッチワーク(キルト)をはじめたきっかけを教えてください。。

What inspired you to start making patchwork(quilts)?

母も、祖母もどちらもキルター。子どものころから裁縫をさせてくれていて、それからずっと好き。大学のときにはCamille Roskelleyのモダンなトラディショナルキルトにはまってた。そして、自分でもオリジナルのキルトサンプルを作りはじめて、ブログも始めることになったの。 Both my mother and grandmother quilt. They started me sewing when I was young, and the love has continued since. Stumbling upon the modern farmer’s wife quilt by Camille Roskelley in college, I became inspired to begin my own sampler quilt and start my very own quilting blog.

パッチワークが好きな理由を教えてください。

What do you love about patchwork(quilting)?

きちんと構築された創造活動が好き。 トラディショナルなキルトは私の創造力をかき立ててくれる。本来のキルトのルールに忠実に従う時もあれば、時にはそれを崩したり。そういった自由を楽しんでいるわ。 キルトを作り上げるプロセスを通して、そのゆったりとした、規則正しいキルトの性質は、私の中に平穏を与えてくれる。 I enjoy structured creative endeavors. Working with traditional quilting as a framework fuels my creativity. I relish the freedom to sometimes following conventional quilting canons and other times bend them. Throughout the process, I find that the slow, methodical nature of quilting provides a peaceful place for my mind to relax. ​

あなたのインスピレーションの源はなんですか?それがどのように作品に影響していますか? Where do you get your inspiration from? and how does it affect your design? 芸術と科学にとても興味を惹かれながら育ったの。大学では、それらのふたつに分かれた興味が、交錯し合い、それが私を科学者と同時にアーティストとして成長させてくれたわ。目標を達成するために、科学的に自分のキルトに挑戦したりしている。美しさを追求し、あらゆるプロセスを試し、それぞれの構成の影響を念入りに考慮するの。 I’ve grown up with passionate interests in both the arts and sciences. In college, I found that my interests, although appearing dichotomous, informed one another and allowed for me to grow as both a scientist and an artist. To this end, I scientifically experiment with my quilts: pushing the aesthetics, experimenting with processes, and methodically considering the impacts of individual components.

※left: Pattern inspired from Heather Jones's "Improvisational Half Log Cabin" . ※middle and right: Pattern inspired from Hopewell quilt "Courthouse" .

大学院で、繊維工学を勉強され、オリジナルのテキスタイルを作られていますね。その中でも「Hortensia(あじさい)」柄は本当に素敵です。また、キルトトップにシルクスクリーンを施したウォールパネル作品はとてもオリジナルで、美しいです。この作品を作ることになったきっかけや制作行程を少し教えてもらえますか?

You study textile chemistry and creating your own print fabric. My favorite is “Hortensia(Hydrangeas)”. You also make beautiful wall panels which are quilts and screen-printed on the top. Can you tell us the story of how this method came out and how it’s made?

大学の最後の年に、スクリーン印刷に特化したコースを専攻したの。すぐにその技法に魅了されたわ。デザインと制作をはじめるにあたり、単純に布をデザインする事を超えて、スクリーン印刷の大きな可能性に気がついた。はじめのうちは自分のキルトに使用するためにスクリーンプリントを制作していたのだけれど、キルトトップ自体にスクリーンプリントを施すようになり最終的にこのようなアート作品を完成させるようになった。

My final year of university, I took an independent study course that focused on screenprinting. I fell in love with the process and as I started to design and create, I realized the possibilities for screenprinting extended beyond simply designing fabric. Initially just printing a collection of fabrics to be used in my quilts, I began to print on top of quilts as well and ultimately saw these printed quilts as finished art works.

現在、日本では手芸ブーム盛んにも関わらず、キルター人口は減少の一途をたどっています。本場アメリカでは、キルト人気はどのようなものですか?

In Japan the population of quilters is on the decline, even though handmade and crafts have gained popularity in the last 10 years. How about in the US? Modern quilt movement changed quilters population?

アメリカではモダンキルトはとても流行っているわよ。12年ほど前からよりモダンなクラフトブームが起きている。私たちのような若い世代が、編み物やキルト、手づくり小物などを現代風に再定義していく様を見るのが本当に好き。

Modern quilting is thriving in the US. In the past decade, there has been a movement towards handcraft with a more modern aesthetic. I love seeing the younger generation pick up activities such as knitting, quilting, and needlecraft and redefining what those crafts look like in this modern age.

あなたの作品は、単純にキルト作品というよりもアート性が高いと思います。私にとってあなたの作品の好きなところなのですが、あなたの作品は、うまく引き算された配色やパターンでシンプルに削ぎ落とされたデザインです。ですが、あまりエッジーになりすぎずに、あなたのオリジナルプリント生地を際立たせています。表すなら、「程よく愛らしい」まさに「Lovely and Enough」あなたのブランド名にふさわしい作品ばかりです。作品を作る際に気をつけていることはありますか?

I think your quilts are more than quilts. They are very artistic and sophisticated. Your quilt design is finely stripped down to minimum to emphasize your printed fabrics. Yet, it is not too edgy. Yes, just like your brand name. They are so “Lovely and Enough.” Is there any method or stories you follow during the process of your making quilts? キルトを作る上では、すべての行程がとても重要。布選びから、キルティングそして最後のバインディングまで。どの行程も、あせらず慎重に。高校時代に製版を授業で教えてくれた先生は、少なくとも6つほどアイディアを出してからじゃないとプロジェクトにかかることができなかったの。そしていまでもその方法を守っている。ときに最初のアイディアは荒削りだったりするので、実際にキルト制作を始める前に、なんども時間をかけて自分のデザイン案を見直してみるといいわね。 I believe that every step of quilting should be considered, from fabric choice to quilting to binding. No piece of the process should be rushed through thoughtlessly. My printmaking teacher in high school demanded we do at least six thumbnail sketches before we could begin a project, and I have carried that maxim with me. Often your first idea is not your most developed, so take time to sketch your design ideas and quilting ideas before starting.

尊敬するキルターさんはいますか?それは誰ですかそしてどうしてその人の作品が好きですか Do you have any quilters that you adore or respect? Who is it and why do you like her(his) work? Lindsay Steadと、Alexis Deiseが大好き。どちらも強い直線と余白使いを得意としていて、色使いがとてもニュートラルでシンプル。Lindsay Steadのキルトに影響を受けて、プリント柄ばかりから無地の布を使うようになったの。 I admire the work of quilters Lindsay Stead and Alexis Deise. Both are masters of strong lines and negative space, working with neutral and limited color palettes. Lindsay Stead’s quilts inspired my move from quilting with prints to primarily solids.

夢はありますか?5年後になにをしていると思いますか? Where do you see yourself in 5 years? キルト用のファブリックをデザインする仕事をするのが私の夢。それまでは、継続して芸術の実践と自分の可能性を拡げていく事をを追求していくわ。シリーズ物を手がけるのが好きなので、今は大判のキルトにチャレンジしている最中。 It is my dream to design quilting fabrics commercially. In the meantime, I am pursuing a consistent artistic practice of creating quilts and stretching my boundaries. I enjoy working in series, and I am currently challenging myself to working on a larger scale. PWLの読者に向けてメッセージをお願いします。

Any message to PWL readers?

ぜひともどんどんキルトにトライしてみて!インスパイアされたキルトを見つけたら、ぜひ作ってみてそのなかに、自分らしいスタイルを注ぎ込んでみてちょうだい。 Give quilting a try! Don’t be afraid to find an inspiring quilt to make and then put your own style into the quilt as you create.

あなたの作品が見られるサイトやSNSがあれば教えてください。

Where can we find you? Tell us your Website and SNS accounts.

Website: www.lovelyandenough.com/ Shop: www.etsy.com/shop/LovelyandEnough Instagram: www.instagram.com/lovelyandenough/ Facebook: www.facebook.com/lovelyandenough/

いかがでしたか? 布からデザインして、キルトに仕上げていくケルシーさん。 科学者だからこその素材や制作行程のこだわりが随所に感じられます。 「質の悪い布とダサいデザインにかまっていられるほど人生は長くない。」なんて断言するほど、ご自身のデザインするファブリックに真剣に取り組んでいる彼女。 彼女のキルトパターンは、海外キルターのデザインを参考にしていたり、トラディショナルなパターンを使っていることが多いのですが、色使いや布使いでこれだけのオリジナリティを出せるなんて素敵です。 また、キルトトップにシルクスクリーンを施す作品は、キルトを超えてまさにアートですね。 彼女の作品をもっと見たい方は、是非彼女のInstagramをのぞいてみてください! では、次回をお楽しみに。

#デザイン #Design #ModernQuilt #WorldQuilters

2017 Copyright patch-work-life All Rights Reserved