top of page

第28回潮風のキルト展・後期 -潮風大賞など各賞の発表-



Patch-Work-Lifeは、昨年に引続き「潮風のキルト展」の審査を務めさせて頂きました。

今年で審査させて頂くのも5年目となります。


私達審査員も回を重ねるごとに、「審査を楽しむ」という気持ちへ変わってきたように感じております。

もちろん作品を選ぶ、審査するということは悩みに悩みます。

審査もそれぞれの視点、それぞれの感覚が違います。選ぶ作品が完全一致することはほとんどありません。

だからこそ審査は難しく「楽しい」です。



審査を行うとき、作品の目の前に立って「感じる何か」を大切にしています。

作品から受ける印象、メッセージを読んでさらに深く感じ、考える事ができます。

思いに触れることが出来ます。


今年もたくさんの刺激と気付きがありました。

これからも「想い」を込めて作品づくりを楽しんでほしいと思います。

次はどんな作品をつくりますか?

楽しみにしています。


「あなたがパッチワークすれば、世界はもっと楽しくなる。」


--------------------


【潮風大賞など各賞の発表】


大キルト部門の潮風大賞をはじめ、各賞の審査結果は以下の通りです。





--------------------



また今回、潮風のキルト展の企画展として、

この砂浜美術館の館長であるニタリクジラをイメージし、

パッチワークでクジラをイメージしたタープを制作し、

『空を泳ぐパッチワークジラ』を展示させて頂きました。


来年は是非、砂浜美術館でお逢いしましょう!


Patch-Work-Life

Commentaires


bottom of page